公立大学協会の活動

刊行物等

未来マップのための16の課題

 一般社団法人公立大学協会では、公立大学の将来構想に係る課題を整理した冊子として「未来マップのための16の課題」を取りまとめました。
 本書は、「時代をLEADする公立大学―公立大学の将来構想に向けての議論の方向性と可能性―」(平成29年5月)、「公立大学の地域貢献機能―地域貢献プログラムの”LEAD”による事例分析―」(平成30年1月)に続く公立大学の将来構想に向けての議論の方向性と可能性を示した3冊目の冊子です。
 「時代をLEADする公立大学」で提起された”LEAD”を、このたびは、

Learn:学習する
Execute:実践する
Advance:前進する
Drive:牽引する

と意味づけ、それぞれ4テーマずつ、合計16のテーマにより現状分析・課題提起を行いました。

 今年度においては、これらの課題を公立大学間で共有し、公立大学の実践とその成果の総括を行うとともに、今後の公立大学の向かう方向性を明らかにして参ります。(平成30年5月30日)

公立大学の地域貢献機能―地域貢献プログラムの”LEAD”による事例分析―

 一般社団法人公立大学協会では、各公立大学の地域貢献に関する取組みを「公立大学の地域貢献機能―地域貢献プログラムの”LEAD”による事例分析―」として取りまとめました。
 本書は、公立大学の将来構想に向けての議論を整理した報告書「時代をLEADする公立大学」の報告を踏まえ、「Link(地域の価値をつなげる)」「Enhance(地域の財産を発展させる)」「Assure(地域のいのちを守る)」「Develop(地域の可能性を開発する)」の4つの観点から、各公立大学に自学の地域貢献に関する取組みを分析いただき、事例集として整理したものです。(平成30年2月27日)

時代をLEADする公立大学―公立大学の将来構想に向けての議論の方向性と可能性―

 一般社団法人公立大学協会では、平成28年度に設置した「公立大学の在り方に関する検討会議」(以下、検討会議)の議論を「時代をLEADする公立大学―公立大学の将来構想に向けての議論の方向性と可能性―」と題した報告書として取りまとめました。
 本書は、検討会議で提起された課題等について論点を整理したものであり、今後、本報告書をもとに公立大学の将来構想に向けての議論を展開して参ります。(平成29年6月27日)